社労士試験勉強方法

2月からでも十分間に合う!8月の試験まで後6ヶ月!最短半年で社労士試験に合格する方法

投稿日:

こんにちは。管理人のアイコです。

気付けばもう2月・・・

社労士試験8月の試験まで後半年となりました。

 

受験生だった2月は、残り半年しかないと非常に焦っていたのを思い出します。

焦っても仕方ないのですが、なかなか成績が上がらないもどかしさに苦労しました・・・

 

社労士試験はとても難易度が高いため、1年・1,000時間くらいの学習時間が必要だと言われています。

しかしそれはあくまで目安であって絶対ではありません。

正しく効率的に学習すれば、6ヶ月で合格することも不可能ではありません。

 

そのために選ぶべきは教材と学習方法。

今回は、半年で合格ラインまで成績を上げるための方法についてお伝えします!

6ヶ月で合格したいなら独学は絶対NG

第一に大きな声でお伝えしたいのは、短期間で合格するためには独学は絶対にNGということ。

社労士試験の出題範囲はとても広範囲です。

市販のテキストを1回読むだけで、1ヶ月以上かかります。(学習時間にもよりますが・・・)

 

私自身、最初は独学で社労士試験への挑戦をスタートしました。

最初は何もわからない状態からのスタートだったせいか、参考書を読むだけでも一苦労。

聞きなれない法律用語に、まったくページが先に進みません。

 

さらに勉強すべき範囲が広すぎて、何が重要なのかもわからないという始末。

いろんなところに蛍光マーカーを引きすぎて、ひどい参考書になっていました(笑)

独学の悪いところは、とにかくわからないことが多すぎて、時間ばかりがかかりすぎるところです。

 

一人で勉強していると間違った学習をしていても、それが正しいと思い込んでしまい、やったつもりになってしまう・・・

そうしてまったく知識とならない学習を繰り返し、模試を受ければD判定とE判定のオンパレード。

 

IQが平均よりもかなり高い、記憶力が超絶いいという天才か、社会保険関連に精通しているエキスパート以外は独学はおすすめしません。

何年も時間をかけてゆっくり合格ラインに達すれば良いのであれば、一番お金がかからない独学も良いですが、半年で合格するためには独学はリスク以外の何物でもありません。

絶対にやめるべきです。

 

独学はあまりにも時間がかかりすぎるのです。

頼るべきは構築された効率の良い学習

独学以外に残された勉強法は、「通学」か「通信」の二択。

どちらも”効率の良い学習”ができるカリキュラムが組まれているため、短期間で合格するためには最高の武器となります。

 

テキストも問題集も、その道のプロが監修した素晴らしいものを使っています。

市販のテキストと比べ、試験対策がしっかりとされているのも魅力的。

 

「通学」は直接講師の先生に教えてもらい、質問することもできるのでより理解力が深まります。

ただし費用が高くお金がかかってしまうというデメリットがあります。

 

対して「通信」の方は、直接講師の先生に会うことはありませんが、メール等で質問することも可能。

通学に比べ費用も安く、体系的な学習もできる点から私が一番おすすめする勉強法です。

学習範囲が広い社労士試験だからこそ、受験対策として作られたカリキュラムを選択するのが正しい学習方法なのです。

 

いろいろな通信教育があるので、一番自分に合いそうなテキストを選びましょう!

テキストは必ず目を通すものなので、フルカラーで見やすいものがおすすめです。

参考おすすめの通信教育一覧

フォーサイト公式ページ→https://www.foresight.jp/sharoushi/

クレアール公式ページ→https://www.crear-ac.co.jp/sharoushi/

総合資格ナビ公式ページ→http://www.e-shikakunavi.com/shaho/

過去問を制するものが受験を制す!

最後に!短期間で合格するためには、過去問が重要です。

何度も言いますが、私は独学で社労士試験に挑戦しとても苦戦しました。

それは、市販の参考書を一から覚えようとしてしまったからです。

 

参考書をひたすら読み込んで覚えるというのは、社労士試験において絶対にやってはいけないことだったのです。

わからないがわからないという状態なのに、参考書を読んでもまるで頭に入らない。

それでも、とてつもなく時間がかかるので、勉強をした気になってしまう。

 

この悪循環の繰り返しで、私の成績は学習期間1年のうちの11ヶ月、ほとんど上がりませんでした。

その証拠に、1ヶ月前の模試の結果がD判定。

周りも私も、合格なんて絶対に不可能と思った瞬間でした。

 

それから死に物狂いで1ヶ月勉強しました。

その1ヶ月間は、フォーサイトの直前対策講座に申し込み、あとはひたすら過去問を解くばかり。

毎日過去問を解きました。3時間で記述式も選択式もやる。時間との勝負にも勝てるように、反復あるのみ。

 

最後の1ヶ月で私の成績はグンと伸び、結果、合格を手に入れることができました。

もっと早く正しい勉強法に気付いていれば・・・と悔いた自身の経験から、これから社労士試験に挑む皆様には絶対にこれだけは伝えたい。

 

「過去問を制するものが受験を制す!!」

 

良く言われる言葉ですが、これは本当です。

正しい勉強法を早くに知ることが、短期間で合格するための秘訣です.

今ならまだ間に合う社労士試験!未来への第一歩を今、踏み出しましょう!

 


 

-社労士試験勉強方法

Copyright© 高卒社労士.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.