社会保険労務士とは?

社会保険労務士合格後の社労士会登録費用はどのくらい?登録料30万のウワサは本当か。

投稿日:

社労士試験に合格したら、「社労士」として独立を考えている人も多くいると思います。

合格通知を受け取ったら明日にでも「社労士」を名乗って仕事をしたいと考える人もいるかもしれません。

 

しかし残念ながら、社労士試験に合格したら即日「社労士」として仕事ができるわけではありません。

「社労士」として仕事をするためには、社会保険労務士連合会に登録しなければならないのです。

 

大きな出費になるため、登録を考えている際は慎重に行いましょう。

社労士は登録制である

社労士だけではなく、”資格”というものは維持費がかかるものです。

国家資格で言えば、士業はほとんどの資格で登録制、他にも更新料がかかる資格もあります。

社労士の資格も同様に、社労士として仕事をしていくとなると「登録費用」がかかるのです。

 

「社会保険労務士となるには、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録を受けなければならない」

このことは社労士法14条の2項にしっかり明記されています。

 

登録しないで社労士として報酬を得て仕事をすることは禁止されています。

社労士法第26条には、「社会保険労務士でない者は、社会保険労務士又はこれに類似する名称を用いてはならない。」とあり、違反すると100万以下の罰金となります。

 

名刺にも”社会保険労務士”と謳うことはできません。

履歴書にも”社会保険労務士”と記載することはできません。この場合、正しくは「社会保険労務士試験合格」となります。

登録先は全国社会保険労務士会連合会

登録先は「全国社会保険労務士会連合会」です。

実際の手続きは各都道府県の管轄の社労士会で行います。

「県名+社労士会」で検索するとそれぞれの地域の社労士会のサイトが表示されます。

 

登録するにあたては、以下の二つの要件をクリアしていなければなりません。

①社会保険労務士試験に合格しているか又は社会保険労務士試験の免除科目学習試験科目の全部に及ぶこと

②労働社会保険諸法令に関する事務の従事期間が2年以上又は厚生労働大臣認定の事務指定講習の修了していること

 

つまり、社労士試験に合格しただけでは要件をクリアできていないのです。

2年以上の実務経験があればすぐにでも登録可能ですが、無い場合は事務指定講習を受けなければなりません。

この事務指定講習ですが、7万円程度費用がかかるため登録までの高いハードルにもなっています。

 

👇登録にかかる実務経験と事務指定講習についてはこちらも参考になります👇

「社会保険労務士」と名乗るためには、2年間の実務経験が必要である!?社労士試験合格後の登録要件とは?

突然ですが、社労士試験に合格しただけでは「社会保険労務士」として仕事をすることはできません。 実は「社会保険労務士」として仕事をするためには、「全国社会保険労務士会連合会」に登録をしなければなりません ...

続きを見る

登録及び入会にかかる費用

社労士会に登録すると、必然的に社労士会に入会することになります。

登録費用の他に入会費用も必要となりますのでご注意ください。

 

登録入会にかかる費用

【登録費用】※全国一律

登録免許税

一律30,000円

登録手数料

一律30,000円

※勤務社労士、開業社労士問わず一律

 

【入会費用】※都道府県によって異なる

入会金 ※参考:都道府県別入会金一覧

勤務社労士・・・25,000円~150,000円

開業社労士・・・50,000円~150,000円

会費 ※参考:東京都社会保険労務士会

勤務社労士・・・3,500円/月

開業社労士・・・8,000円/月

 

 

登録費用は全国一律ですが、入会費用は都道府県によって異なりますので、入会の際にはお住まいの都道府県の社労士会へ問い合わせてください。

登録のタイミングをしっかり見極めよう

登録や入会入学かかる費用を合計すると、30万円のウワサもあながち嘘ではないことがわかります。

実務経験が無い場合、これに加えて事務指定講習費用の7万円がプラスされます。

大きな出費となるため、登録はタイミングが重要です。

 

開業社労士として独立して一人で仕事をしていくのであれば、登録は必須ですが、企業の総務部など勤務社労士を目指しているのであれば、登録を急ぐ必要はありません。

ここで充分な実務経験を積んでから登録しても遅くはありません。

特に実務経験が無い場合、事務指定講習を受けなければ登録ができません。

 

7万円の費用を考えると、2年間実務経験を積んで登録した方がメリットがあると言えます。

勤務社労士の場合、【勤務社労士】と名乗らなければ、通常社労士が行う仕事をすることは何ら問題ありません。

 

社労士会に入会すると、定期的に研修を受けることができます。

無料のものから有料のものまで様々な研修会が開催されています。

また毎月、社労士会の会報が送られてきます。会報には、法改正情報も載っているため非常に勉強になります。

 

私の場合は、登録費用から入会費用、年会費まで全て会社が払ってくれました。

ものすごく有難かったです。

勤務先によっては、このように登録費用や会費を負担してくれるところもあるかもしれません。

 

未経験で社労士を募集している企業も多くあります。

実際に【リクナビNEXT】で「社会保険労務士 未経験」で検索すると100件近くの求人がヒットしました。

このような未経験でも採用してくれる企業で一から学んで、実務経験を積んでから登録を考えるのも一つの選択です。

 

登録は慎重にじっくり考えてから行うようにしましょう(^^)


 

-社会保険労務士とは?

Copyright© 高卒社労士.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.