社労士試験の概要

社労士の難易度はどのくらい?合格率2.6%って本当?

投稿日:

この記事を読んでいただけている方は、「社労士 難易度」で検索された方か、「社労士 2.6%」で検索された方が大半でしょうか。

受験を考えている方からしたら、社労士の難易度って気になるところですよね。

 

はっきり申し上げます!

社労士試験の難易度は・・・高い!!!と言って、間違いありません。

 

よくある資格試験まとめサイトに「社労士試験・・・難易度・中」と書いてあるのを目にしました。

他の資格と比べれば(例えば弁護士とか、税理士とか)難易度は下がるかもしれません。

でもそれは相対的な評価であり、絶対的な評価を考えると、やっぱり社労士試験の難易度は高いと思います。

 

実際に受験を経験した身だからこそ言えることです。

でも決して受からない試験ではありません。

効率の良い勉強方法さえ見つけることができれば、合格はそう遠くない試験です。

社労士試験の受験者は近年減少傾向にある

社労士試験の受験者は、近年減少しています。

その背景にはいろいろな要因があると思います。

 

あくまで憶測の域ですが、①人口減少 ②難易度の上昇(合格率の低下)③社労士の魅力の軽減 が考えらえます。

①の人口減少については、致し方ない問題として、私としては②の難易度の上昇が気になるところです。

ここで過去10年の受験申込者数・受験者数・合格者数の推移を見てみましょう。

 

【参照:社会保険労務士試験オフィシャルサイトより抜粋】

平成25年までは申込者数6万人、受験者数5万人程度を推移していましたが、平成26年より申込者数・受験者数共に下降しています。

平成27年には社労士試験始まって以来の【合格率2.6%】なんていう結果も出ています。

それを受けてか、平成28年、平成29年と減少が続いています。

 

尚、平成30年の申込者数は49,600人だそうです。

やっぱり減少していますね。

社労士試験を受ける者からすれば、ライバルが少なくなるのはありがたいことですが、このまま受験者が減少して「社労士」の価値が下がるのは、現社労士として若干の危機感を覚えます。

 

来年度以降もなんとか5万人程度の受験申込をキープしてほしいものです。

社労士は合格率2.6%の難関資格!?

先ほども少しだけ触れましたが、平成27年に初めて【合格率2.6%】という数字を叩きだしました。

これについては、平成27年に受験した受験者からも疑問の声が上がっています。

私も初めてこの数字を見た時、Σ(・ω・ノ)ノ!←こんな感じでした。

 

社労士試験っていつからこんなに難関資格になったんだ?と過去に遡って調べてみました。

過去10年の合格率の推移

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成20年 61,910人 47,568人 3,574人 7.5%
平成21年 67,755人 52,983人 4,019人 7.6%
平成22年 70,648人 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年 67,662人 53,392人 3,855人 7.2%
平成24年 66,782人 51,960人 3,650人 7.0%
平成25年 63,640人 49,292人 2,666人 5.4%
平成26年 57,199人 44,546人 4,156人 9.3%
平成27年 52,612人 40,712人 1,051人 2.6%
平成28年 51,953人 39,972人 1,770人 4.4%
平成29年 49,902人 38,685人 2,613人 6.8%

 

こちらの表を見るとわかるように、平成27年だけずば抜けて合格率が低いのがわかります。

何かの調整弁が働いたのか、それとも単に試験が難しすぎただけなのかいまだに謎のままです。

理由については、残念ながら公表もされていません。

 

翌年以降は少しだけ合格率も引き上げられましたが、今後についてはどうなるか検討がつきません。

どうにか過去の合格率7~8%へ戻ってくれることを期待しています。

社労士試験に合格するのは簡単ではない

いずれにしても社労士試験は簡単な試験ではありません。

「簡単に取れます♪」なんて書いてあると、「うそだー!」と叫びたくなります。

いや、もしかしたら本当に簡単に合格できたのかもしれません。

 

そうだとしたら、地頭の違いってやつですね・・・。

少なくとも私には簡単な試験ではありませんでした(-_-;)

私が簡単に合格できなかった理由は、”独学”を選択してしまったからかもしれません。

 

結局、最後は通信教育の直前講座に頼ることになったのですが、初めから”通信”や”通学”で勉強していれば、今頃「社労士なんて簡単に受かります♪」なんて言っていたのかもしれません。

社労士通信講座の大手「フォーサイト」なんかは、合格率3.14倍の21.37%なんていう驚異の数字を叩きだしています。

 

こういうところで効率良く勉強をするのが、社労士試験に「簡単に」受かる肝なのかもしれませんね。

私も次に何か資格に挑戦する時は、通信講座に頼ろうと密かに心に決めています。

 

効率の良い勉強方法を見つければ、難関資格であろうともクリアできる可能性がグッと上がります。

自分に合った勉強法を見つけましょう!


 

-社労士試験の概要

Copyright© 高卒社労士.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.